商品力の29Cuts〜絶対価値を考える〜

商品力

経営の12分野

商品力の29Cuts〜絶対価値を考える〜

商品力の29Cuts〜絶対価値を考える〜
日程 2018年05月09日(水) 受講費 個人会員・法人会員以外のビジター様受講費
初回:5,000円(税別)
2回目以降:会員限定
時間 18:00 ~ 21:00
会場 愛知県産業労働センター ウィンクあいち
アクセス

終了

講師

野田 拓志

野田 拓志

株式会社ビジネスバンクグループ
経営の12分野ガイド

講演概要

まずは実践者の声を ご覧ください!

第2分野「商品力の29Cuts」〜商品の「価値」は、どこで決まるのか…?〜

「商品」とはどんな業種・業態であっても、
事業の成否を左右する大きな「鍵」の1つです。

ですから、どんな会社でも
「商品の価値を高めたい」という願望を持っています。

そうして「商品の価値を磨く」ときに、
実は、どうしても外せないポイント
1つだけあるのをご存知ですか?

それは「価値とは何か?」を理解すること。

「商品力を高める」ことは、
「商品の持つ価値を高める」ということ。

だからこそ「価値とは何か?」を
正しく理解していないと、
正しく価値を高めることが
できないのです。

ヒット商品をつくる人だけが知っている、商品力を高めるコツ

今回の「商品力の29Cuts」では、
「価値」とは何か?
そんな根本的な問いにも、深く切り込んでいきます。

価値を高めるために
「これさえ押さえれば大丈夫」という
ものは存在しません。

重要なのは「バランス」を取ること。

1つではなく、多面的な切り口から
商品の価値を考えることが、唯一の方法です。

“商品の概念”
“人間の欲求”
“戦略”
“伝え方”
“価格” などなど・・・

ヒット商品をつくる人の思考法や、
思考の切り口には法則性があります。

「意識しているかどうか」は別として、
商品の価値を築くために必要な切り口を
漏れなく考えているのです。

今回の「商品力の29Cuts」では、
そんな「商品の価値をつくる」ために
必要な29の切り口をお届けします。

普段、なんとなく考えている
「商品の価値」というものが、
驚くほどはっきりと見えてきます!

この機会にぜひ、29の切り口から
自社の商品を見なおしてみてください。

こんなことでお悩みの社長は ぜひご参加ください!

●  自分たちの商品・サービスの価値を、もっと高めたい
●  新しい商品・サービスを開発しなければならない
●  自分たちの商品の価値を、客観的に見直したい
●「ウリ」や「良さ」が、上手く顧客に伝わらない
●  商品は良いのに、なぜか売れない
●  売れはするが、リピートに繋がらない

スライド資料

28fa495i97cd20140523.067 28fa495i97cd20140523.065 28fa495i97cd20140523.072本セミナーで使用する資料は200枚以上ございます。
セミナー中はより深く考えることに集中していただくため、
本スライドは会員様限定で後日WEBにて試聴が可能です。
復習にご活用ください。

オリジナルワークブック

workbook_pic

本セミナーには学びをアウトプットするためのワークブックをご用意しています。
ワークの内容は、
1.知る・理解する
2.現状のチェック
3.考える
4.実践する
以上の4つのパートで構成されています。
※筆記用具をお持ちの上、ご参加下さい。

2017年度にご参加いただいた方からの感想

□ 色々な視点から商品と向き合う必要性を再確認しました!

商品開発をする上で、押さえておかなければならないポイントを客観視して
色々な観点から商品と向き合う必要性を再確認させていただきました。

本来自分たちが生み出そうとしてる「物」の価値とは「事」を満たす
または解決するための手段に過ぎず、
大事なのは誰かの人生を豊かにする何かで無ければ価値がないという事だと思います。

現在進めているプロジェクトも今回のセミナーで学んだ事を踏まえ、
更に魅力のある商品を目指していこうと思います。

(オフィス機器販売業 経営者)
……………………………………………………………………………………

□ 早速、実践できそうです!

情報量が凄くて、頭がパンパンですが、復習して、しっかり自分のモノにしていきたいと思います。
価値あるセミナーをありがとうございました!

(デザイン会社 経営者)
……………………………………………………………………………………

□ これほど、まとまっているものは無いと思います。

ひとつひとつの項目はそれぞれ大切ですが、これほどまとまっているものはないと思います。
自社の製品でもひとつひとつ確認して改善に努めたいと思います。


(医療関連機器の製造・販売業 経営者)
……………………………………………………………………………………

□  重要点箇所のみ、抜粋していて分かりやすい!

重要点箇所のみ、抜粋して説明して下さる点が分かり易いと思います。

今後、自社の商品力を上げていくために、商品力に磨きをかける事と共に、
自社の商品を分かり易く伝達するという伝える力に磨きをかけていきます。
どの様な方にも分かり易く、高品質な物を提供できる企業を目指していきます。

(荷役代行業 経営者)

……………………………………………………………………………………

□ 事例も多く、イメージしやすかったです!

大変充実した時間でした。
事例も多く、イメージしやすくわかりやすかったです。
多くの切り口から多角的に観ることで商品の価値が深まっていく感じがします。
ご提供いただいた切り口から自社を観察検証してみます。

 (講師・コンサルタント育成業 経営者)
……………………………………………………………………………………

□ 体系立てた考え方が非常に参考になりました!

より良い商品を作るための体系立てた考え方は非常に参考になりました。
闇雲に考えるのではなく、フレームワークを使って論理的に考えることで、
より商品に深みが増すのだなと思いました。

また、大切なことは分かっていても疎かにしてしまいがちな
「お客様目線」を改めて大切にしようと思うことができました。
また、経営に携わる方と一緒になって学べたことは大変有意義でした。

貴重なお時間をありがとうございました。
今後、学んだことを少しでも自分の仕事に活かせるように努めていきます

(IT企業 経営者)
……………………………………………………………………………………

 

商品力

経営の12分野

商品力の29Cuts〜絶対価値を考える〜

日程 2018年05月09日(水) 受講費 個人会員・法人会員以外のビジター様受講費
初回:5,000円(税別)
2回目以降:会員限定
時間 18:00 ~ 21:00
会場 愛知県産業労働センター ウィンクあいち
アクセス

終了

多彩な「経営の12分野」講師陣

浜口 隆則

浜口 隆則

株式会社 ビジネスバンクグループ
代表取締役

横浜国立大学教育学部卒、ニューヨーク州立大学経営学部卒。
会計事務所、経営コンサルティング会社を経て、大好きな起業家を支援する仕事をするために20代で「日本の開業率を10%に引き上げます!」をミッションにした株式会社ビジネスバンクグループを創業。現在は起業支援サービスを提供する複数の会社を所有するビジネスオーナーであり、アーリーステージの事業に投資する投資家でもある。「幸福追求型の経営/戦わない経営/小さな会社のブランド戦略」など、独自の経営理論にはファンが多い。
阪東 浩二

阪東 浩二

経営の12分野ガイド

大阪商人の家系として大阪に生まれ育つ。ニューヨーク州立大学を卒業後、大手食品会社を経て1997年ビジネスバンクを代表の浜口隆則と共に立ち上げ、専務取締役として、オープンオフィス事業及びスタートップ会計事業に従事。独自の経営スタイルを持ち経営コンサルタントとしても人気。「儲かる仕組み作り」や経営課題の解決を得意とするトラブルシューターでもある。スタートップ会計株式会社代表取締役、有限会社ビー・ビー・キャピタル 取締役、スターブランド株式会社 監査役、その他複数社への投資家。
滝澤 清隆

滝澤 清隆

株式会社 ビジネスバンクグループ
取締役

会計・経営コンサルティング会社を経て、ビジネスバンク創業時よりレンタルオフィスなど各事業分野に従事。社長の学校「プレジデントアカデミー」の全国運営統括者として、経営者の学びプログラムを構築。「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修を全国各地で実施している。
黄塚 森

黄塚 森

株式会社 ビジネスバンクグループ
執行役員

「起業の学校」アントレプレナーアカデミーを浜口と共に立ち上げ全体を統括する。社内外のマーケティングに携わり、Webサイトや印刷物のデザイン・作成から集客、販売までを一気通貫でこなすマルチプレイヤー。読者2万人を超える社内メールマガジン、社外向けの記事 作成にも携わる他、年間延動員数3,000人を誇る人気経営セミナー「経営の12分野」シリー ズの企画など、コンテンツ制作を得意とする。

前のページへ戻る

登録無料!セミナーの最新情報や経営に役立つヒントを受け取る


※メールアドレスをご入力ください。

  • どんなセミナーか事前に知りたい 資料請求
  • 開催スケジュールが知りたい セミナー予定
  • よくあるご質問 Q&A
  • プレジデントアカデミーを詳しく知りたい 問い合わせ

Page Top