ミッション〜存在価値を考える〜

商品力

経営の12分野

ミッション〜存在価値を考える〜

ミッション〜存在価値を考える〜
日程 2018年04月04日(水) 受講費 個人会員・法人会員以外のビジター様受講費
初回:5,000円(税別)
2回目以降:会員限定
時間 18:00 ~ 21:00
会場 愛知県産業労働センター ウィンクあいち
アクセス

終了

講師

黄塚 森

黄塚 森

株式会社ビジネスバンクグループ
執行役員

講演概要

まずは【経営の12分野:仕組み化】実践者の声を ご覧ください!

第1分野「ミッション」〜存在価値を考える〜

こんなことでお悩みの社長はぜひご参加ください!

●ミッションや理念の効果に半信半疑である
●会社にミッションが存在しない
●ミッションのつくり方がわからない
●ミッションは存在するが、表現に自信がない
●「いつかやらなきゃ…」と思いつつ、時間を取れていない
●社員がまとまらず、みんなバラバラなことをやっている
●お客さんや、周囲の会社から応援されない

 

ミッションとは、会社の全てである

ミッションとは「会社が存在する理由」そのものです。
どんな事業でも「人の役に立たなければ」成り立ちません。

誰かの困りごとやニーズを解消するから仕事になります。

自分以外の誰かのために
役立つことをするのが仕事であり、その集合体がビジネスです。

ですから、会社は一度つくったら、
社長だけのものではなくなってしまいます。

会社は社会の公器であり、社会課題を解決する存在でなければなりません。

そして「自分たちは、どんな社会課題を解決する存在なのか」を
表したものが、会社のミッションです。

成長し続ける会社や、熱狂的なファンを持つ会社は、
全ての経営判断を「ミッションに立ち返って」行っています。

だからこそ、ブレることなく、社員の力をまとめ、
まっすぐに成長していくのです。

しかし、ミッションは「ただつくれば良い」というものではありません。
つくり方には、ちょっとしたコツがあるのです。

 

ミッションは「つくっただけ」では意味がない

多くの人は大企業と同じように、
 「カッコイイ表現」や「英語の表現」で
ミッションをつくってしまいます。

しかし、それではミッションがお客さんに伝わりません。

小さな会社には「小さな会社のミッションのつくり方」があるのです。
ポイントは「わかりやすさ」。

ミッションは社内外に向けて「伝えて」いくものです。
だからこそ「初めて見た人でもわかる」ことが重要となります。

私たちがお伝えしているのが、
独自に開発した「ミッションのつくり方」です。

この方法に沿って順番に考えていけば、
伝わりやすいミッションをつくることができます。

また、ミッションは「つくっただけ」では意味がありません。
社内や社外に向けて「ミッションを使う」ことをして、
初めて効果が出るのです。

今回のセミナーでは「ミッションのつくり方」だけでなく、
その「伝え方」や「広め方」までをお伝えしていきます!

ぜひ、この機会に自社のミッションを見直し、
会社のブレない「軸」をつくってください!

 

2017年度にご参加いただいた方の感想

□ 正に打ってつけのセミナーでした!

私にとっては、この時期の「経営の12分野:ミッション」は
正にうってつけのセミナーでした。

現在、ホームページのリニュアル及び新しい会社案内を作成中です。
この機会にミッションの見直しをしっかり行い、
会社における、経営者側と社員の共通認識を図ります。

そして「生きたホームページ」と
「分かりやすい会社案内」の作製に取り組みます。

(畜産関連業 経営者)
……………………………………………………………………………………

□ チームへの浸透を最優先に!

自分の中にあるビジョンや、
今チームでシェアしているつもりのビジョンを、
よりシンプルに分かりやすくする必要性を痛感しました。

お客様よりも、まずはチームに浸透させる事を
最優先しなければならないと感じました。

いつも気付きをいただきありがとうございます。

(飲食業 経営者)
……………………………………………………………………………………

□ 一番自信があったけど、改めて気づきがあった!

何度行っても、エレベーターピッチは難しかったです。

まったく自分たちのことを知らない人たちに、
自分たちのことをいかにわかりやすく説明するかは、
もっときちんと考えていかないといけないと思いました。

ミッションは前回受けて考えて、
その後自分たちでも考えて決めていたので、
12分野の中で一番自信があったのですが、

改めて振り返り、
自分たちが考えた内容ではまだ不十分だと気付きました。
ありがとうございました。

(住宅リフォーム業 経営者)
……………………………………………………………………………………

□ 改めて、ミッションの重要性を感じました!

ミッションの重要さを改めて感じさせられた会でした。

弊社でも理念やミッションの重要さを社員に向けて
発信したり研修したりしていますが、

仕事をする上で根幹部分になるので改めて
部員に理念やミッションを浸透させていこうと思います。

(IT企業 経営者)

 

スライド資料

837e83b83v83878393.001837e83b83v83878393.002837e83b83v83878393.003本セミナーで使用する資料は200枚以上ございます。
セミナー中はより深く考えることに集中していただくため、
本スライドは会員様であれば後日WEBにて試聴が可能です。
復習にご活用ください。

オリジナルワークブック

workbook_pic

本セミナーには学びをアウトプットするためのワークブックをご用意しています。
ワークの内容は、
1.知る・理解する
2.現状のチェック
3.考える
4.実践する
以上の4つのパートで構成されています。
※筆記用具をお持ちの上、ご参加下さい。

商品力

経営の12分野

ミッション〜存在価値を考える〜

日程 2018年04月04日(水) 受講費 個人会員・法人会員以外のビジター様受講費
初回:5,000円(税別)
2回目以降:会員限定
時間 18:00 ~ 21:00
会場 愛知県産業労働センター ウィンクあいち
アクセス

終了

多彩な「経営の12分野」講師陣

浜口 隆則

浜口 隆則

株式会社 ビジネスバンクグループ
代表取締役

横浜国立大学教育学部卒、ニューヨーク州立大学経営学部卒。
会計事務所、経営コンサルティング会社を経て、大好きな起業家を支援する仕事をするために20代で「日本の開業率を10%に引き上げます!」をミッションにした株式会社ビジネスバンクグループを創業。現在は起業支援サービスを提供する複数の会社を所有するビジネスオーナーであり、アーリーステージの事業に投資する投資家でもある。「幸福追求型の経営/戦わない経営/小さな会社のブランド戦略」など、独自の経営理論にはファンが多い。
阪東 浩二

阪東 浩二

経営の12分野ガイド

大阪商人の家系として大阪に生まれ育つ。ニューヨーク州立大学を卒業後、大手食品会社を経て1997年ビジネスバンクを代表の浜口隆則と共に立ち上げ、専務取締役として、オープンオフィス事業及びスタートップ会計事業に従事。独自の経営スタイルを持ち経営コンサルタントとしても人気。「儲かる仕組み作り」や経営課題の解決を得意とするトラブルシューターでもある。スタートップ会計株式会社代表取締役、有限会社ビー・ビー・キャピタル 取締役、スターブランド株式会社 監査役、その他複数社への投資家。
滝澤 清隆

滝澤 清隆

株式会社 ビジネスバンクグループ
取締役

会計・経営コンサルティング会社を経て、ビジネスバンク創業時よりレンタルオフィスなど各事業分野に従事。社長の学校「プレジデントアカデミー」の全国運営統括者として、経営者の学びプログラムを構築。「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修を全国各地で実施している。
黄塚 森

黄塚 森

株式会社 ビジネスバンクグループ
執行役員

「起業の学校」アントレプレナーアカデミーを浜口と共に立ち上げ全体を統括する。社内外のマーケティングに携わり、Webサイトや印刷物のデザイン・作成から集客、販売までを一気通貫でこなすマルチプレイヤー。読者2万人を超える社内メールマガジン、社外向けの記事 作成にも携わる他、年間延動員数3,000人を誇る人気経営セミナー「経営の12分野」シリー ズの企画など、コンテンツ制作を得意とする。

前のページへ戻る

登録無料!セミナーの最新情報や経営に役立つヒントを受け取る


※メールアドレスをご入力ください。

  • どんなセミナーか事前に知りたい 資料請求
  • 開催スケジュールが知りたい セミナー予定
  • よくあるご質問 Q&A
  • プレジデントアカデミーを詳しく知りたい 問い合わせ

Page Top