見込客フォロー

営業力

経営の12分野

見込客フォロー

見込客フォロー
日程 2017年09月20日(水) 受講費 個人会員・法人会員以外のビジター様受講費
初回:5,000円(税別)
2回目以降:会員限定

18:00~18:20(本編開始前)に
初回の方へ向けて、12分野セミナーの内容をより理解して
いただくためのオリエンテーションを開催しております。
時間 18:00 ~ 21:00
会場 愛知県産業労働センター ウィンクあいち

終了

講師

黄塚 森

黄塚 森

株式会社ビジネスバンクグループ
執行役員

講演概要

第6分野「見込客フォロー」5つのパイプライン

見込客を放ったらかしにしていませんか?

✔ 「今スグ客」ばかり追ってしまって見込客のフォローができていない
✔ 見込客にどうアプローチすればいいのかわからない
✔ プッシュ営業に限界を感じている

一つでも当てはまるものがあるようなら、「見込客フォロー」という発想を考える必要があります。

たくさんの労力とお金をかけてあなたの商品・サービスに興味を持つお客さんを集客したとします。
そのお客さんの中ですぐにあなたの商品・サービスを購入してくださるのはどれくらいの割合でしょうか?

多くの場合、ほんの一部の方だけです。大半の方は「興味はあるが購入にはいたらない“見込客”」になります。
苦労して集めたにも関わらず、「今スグ客」しか追わず、「見込客」を放ったらかしにしている会社が驚くほどたくさんあります。

あなたはたくさんの労力とお金をかけて集めた「見込客」を放ったらかしにしていませんか?

 

見込客フォローはセールスを不要にする

もし、見込客フォローを仕組み化することができたとしたら…

✔ 良い関係性を保った見込客をストックすることができる
✔ 苦労して集客したお客さんが購入に至る可能性が高まる
✔ プッシュ営業をしなくても、お客さんから「買いたい」と連絡がくるようになる

このように、見込客フォローを行うことで“営業効率”は飛躍的に高まります。逆に見込客フォローをしないと見込客は見込客ではなくなってしまうのです。購入に近づいてもらうための活動を仕組み化できていますか?


見込客フォローの2ステップ

見込客フォローには大きく分けて2つのステップがあります。
それは、

Step.1:「興味」を持ってもらうこと
Step.2:「信頼」を築くということ

です。

この2つのステップを見込客と一定の距離を保ちながら行う必要があります。
見込客に興味を持ってもらい、信頼を築いていけるように見込客フォローを仕組み化していきましょう。

 

 

見込客フォローを実践するために

本セミナーでは、営業効率を高めるための「見込客フォロー」について基本的な知識から、具体的な策をお伝えします。
もちろん業種業態によって効果的な見込客フォローのカタチは異なります。

なので、紹介する12の見込客フォローのうち業種業態に合う4〜5つを実践していきましょう!

私たちのセミナーでは、知識だけをお伝えして終わりではありません。
具体的に考えて頂き配布のワークシートにアウトプットして頂きます。
そしてそれを実際の事業に活用して頂くことを目的としています。

本セミナーの2時間半という時間で見込客フォローを実践しましょう!

 

仕組みをつくるのは早ければ早いほど良い

経営の12分野はシリーズ形式で1年間かけて経営全体を体系的に学びます。
そのため今回の「見込客フォロー」というテーマは今回を見逃すと、来年2015年の9月まで開催がありません。

見込客フォローの仕組みを一度作れば、あとはスタッフに任せることができます。
さらに自動化出来れば何もする必要はありません。

仕組みをつくるまでは少し労力が必要ですが、未来をつくるために、“今”はじめましょう。

スライド資料

8ca98d9e8bq83t83h838d815b130905.0018ca98d9e8bq83t83h838d815b16.0168ca98d9e8bq83t83h838d815b48.048本セミナーで使用する資料は200枚以上ございます。
セミナー中はより深く考えることに集中していただくため、
本スライドは後日WEBにて試聴が可能です。
復習にご活用ください。

オリジナルワークブック

workbook_pic本セミナーには学びをアウトプットするためのワークブックをご用意しています。
ワークの内容は、
1.知る・理解する
2.現状のチェック
3.考える
4.実践する
以上の4つのパートで構成されています。
※筆記用具をお持ちの上、ご参加下さい。

2016年度にご参加いただいた方からの感想

建築業 経営者
我々の業種は役所仕事のため、見込客フォローは少し違ったやり方を
しなければなりませんが、基本は同じことだと思います。
様々な方法で社名を覚えてもらい、指名の件数を増やしていきたいと思います。
ありがとうございました。

 

人材教育業 経営者
見込客フォローのSライン/Jラインにハッとさせられました。
ちょうど弊社でもレター発送をしようと準備している最中であり、
タイムリーな話題でした。単にひとつのフォロー行動をするのみならず、
前後の導線を意識しながら動くことが重要であるという
大きな気付きをいただきました。ありがとうございます。

 

福祉関連業 経営者
見込客、という考え方自体が無かったので、やるべきことが
急に色々と見えてきました。ブログなどは苦手で敬遠していたのですが、
成功の反対は何もしないこと、という言葉に背中を押されて、
ブログをやってみようと思いました。
今後とも為になる研修を期待しております。よろしくお願いします。

サービス業 経営者
見込客が「顧客」となるまで、いかなる手段手法を使って、
管理、フォローしていくことが大切だと思いました。ありがとうございました。

終了

多彩な「経営の12分野」講師陣

浜口 隆則

浜口 隆則

株式会社 ビジネスバンクグループ
代表取締役

横浜国立大学教育学部卒、ニューヨーク州立大学経営学部卒。
会計事務所、経営コンサルティング会社を経て、大好きな起業家を支援する仕事をするために20代で「日本の開業率を10%に引き上げます!」をミッションにした株式会社ビジネスバンクグループを創業。現在は起業支援サービスを提供する複数の会社を所有するビジネスオーナーであり、アーリーステージの事業に投資する投資家でもある。「幸福追求型の経営/戦わない経営/小さな会社のブランド戦略」など、独自の経営理論にはファンが多い。
阪東 浩二

阪東 浩二

経営の12分野ガイド

大阪商人の家系として大阪に生まれ育つ。ニューヨーク州立大学を卒業後、大手食品会社を経て1997年ビジネスバンクを代表の浜口隆則と共に立ち上げ、専務取締役として、オープンオフィス事業及びスタートップ会計事業に従事。独自の経営スタイルを持ち経営コンサルタントとしても人気。「儲かる仕組み作り」や経営課題の解決を得意とするトラブルシューターでもある。スタートップ会計株式会社代表取締役、有限会社ビー・ビー・キャピタル 取締役、スターブランド株式会社 監査役、その他複数社への投資家。
滝澤 清隆

滝澤 清隆

株式会社 ビジネスバンクグループ
取締役

会計・経営コンサルティング会社を経て、ビジネスバンク創業時よりレンタルオフィスなど各事業分野に従事。社長の学校「プレジデントアカデミー」の全国運営統括者として、経営者の学びプログラムを構築。「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修を全国各地で実施している。
黄塚 森

黄塚 森

株式会社 ビジネスバンクグループ
執行役員

「起業の学校」アントレプレナーアカデミーを浜口と共に立ち上げ全体を統括する。社内外のマーケティングに携わり、Webサイトや印刷物のデザイン・作成から集客、販売までを一気通貫でこなすマルチプレイヤー。読者2万人を超える社内メールマガジン、社外向けの記事 作成にも携わる他、年間延動員数3,000人を誇る人気経営セミナー「経営の12分野」シリー ズの企画など、コンテンツ制作を得意とする。

前のページへ戻る

登録無料!セミナーの最新情報や経営に役立つヒントを受け取る


※メールアドレスをご入力ください。

  • どんなセミナーか事前に知りたい 資料請求
  • 開催スケジュールが知りたい セミナー予定
  • よくあるご質問 Q&A
  • プレジデントアカデミーを詳しく知りたい 問い合わせ

Page Top