いつもありがとうございます。
プレジデントアカデミー名古屋校の吉川です。

先週名古屋校では
経営の12分野「投資とリスクマネジメント」が
開催されました。

本日のレターでは、その中でも
「リスクマネジメント」について考えていきます。

PRESIDENT ACADEMY NAGOYA MAIL LETTER
━━■□ Back number37  2017年3月22日号 □■━━━━━━━━━━━
失敗には必ず原因がある!~経営の危機予測と回避の鉄則~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

経営の世界では自社の事業が
一見、順調に進んでいるようでも
思わぬ落とし穴に遭遇してしまうことがあります。

日常に潜む「リスク」を意識できていないと
気づいたら、時既に遅し、、、といったことになりかねません。

先日のセミナーでは、そうしたリスクへの対処を
リスクマネジメント「24のパッチワーク」としてご紹介しました。

その中でも代表的なものを一部、振り返ってみましょう。

 

◆100-1=0

一般的に【 100-1=99 】 ですが、
1つの失敗から起因して、「0」になってしまう

会社経営に於ける「リスク」はそれくらいの
危険性をはらんでいることをまず、認識しましょう。

 

◆顧客の分散

「パレートの法則」「2:8の法則」などで有名ですが
会社の売上の大部分が一部の優良顧客によって構成
されるといった傾向がしばしみられます。

ただし、一顧客への依存度は25%以下に収まるよう
注意しましょう。

単一顧客からの売上に依存してしまうと
その会社との取引関係がなくなった際、
経営が立ち行かなくなってしまいます。

 

◆クレームの完成

最初の問い合わせの時点で、おおごとでははなかったのに
その後の対応を間違えたことでクレームに発展して
しまうケースが有ります。

・逃げていないか?-しっかり受け止めよう
・反発していないか?-申し訳ない気持ちで、冷静に対応しよう
・報告しているか?-放置しない、報告は頻繁に行おう
・動いているか?-解決できてもできなくても、とにかく行動し、状況を報告する

上記に気をつけて、真摯に対応できるよう心がけましょう。

 

◆「リスクマネジメント24のパッチワーク」資料無料プレゼント!

「リスクマネジメントの24項目」全てが掲載されている
実際の講義で使用したワークブックを無料でプレゼントいたします。

お申込みは資料請求ページから
>>>http://www.nagoya-president-ac.jp/request

備考欄に
『「投資とリスクマネジメント」ワークブック希望』
と記載し、お申し込み下さい。
※数に限りがございますので、先着順とさせていただきます。

 

次回経営の12分野では、
ミッション(経営理念)の考え方、つくりかたを
ご紹介します!

>>次回経営の12分野セミナー「ミッション」はこちらから


—————————————————————————————–

プレジデントアカデミー名古屋校のメールマガジンでは、
経営の豆知識や最新のセミナー情報をお届けしております。
ご登録無料でご利用いただけますので、是非ご講読ください!

topics-btn01

■毎月テーマ別のセミナーを開催!
セミナー予定一覧はコチラ
================================
プレジデントアカデミー名古屋校 運営
株式会社 オールシステム
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦1-17-13 名興ビルディング7F
TEL:052-220-5250  FAX:052-220-5285